トップ > ボンフィン

ボンフィン 〜ブラジルのお守り〜


ボンフィン

1809年、ブラジルのバイーア州にある教会に祭られるボンフィンという神に願いを込め、願いが叶った時に、その感謝を忘れないようボンフィン教会からメヂダ・ド・ボンフィン(バイーア州にある教会の神であるボンフィン像の 右腕の寸法)としてのボンフィンリボンが贈られていたのが起源といわれています。
当時はネックレスとして使われており、1960年頃から、バイーア州のストリートで今のボンフィンリボンが販売されるようになりました。
地元の人たちがアクセサリーとして身につけ、それを知った著名人やアスリート達がファッションや、ラッキーチャームとして身につけるようになり、爆発的に人気が出ました。
リボンに書いてある【LEMBRANCA DO SENHOR DO BONFIM DA BAHIA】とは、ポルトガル語で 【バイーアのボンフィン様の贈り物】という意味です。

ボンフィンの付け方

付け方はとても簡単!! ボンフィンを手首や足首に1〜2回巻きつけ、3つの結び目を作るごとに3つの願い事を祈願します。
そしてリボンが自然に切れたとき、その3つの願いが叶うと言われています!
セレブやスポーツ選手などが身に付ける様に、お守りであり開運グッズとしても人気があるボンフィンは、ファッションアイテムとしても高い注目を浴びています。 近年では、ボンフィンをデザインに取り入れた服や雑貨が幅広く販売されています。
車や、部屋に飾ったりするインテリアとしても楽しめる商品も登場しています。
 
ボンフィンの用途色々

他にないブラジルならではのカラフルなリボンで、彩りあるライフスタイルをお楽しみいただけます!

全106件

ページトップへ